夏のオトシゴってどんな漫画?

夏のオトシゴ(アイスピック)は純愛青春漫画、と思いきや実態は結構キツい内容のお話です。

登場人物は3人で、ヒロインの香奈ちゃん、その彼氏の山岡、体育会系のアレな男である藤池です。
前半部分は香奈ちゃんと山岡のみ。
後半に入って藤池が登場してきたあたりから見ているのも可哀想になるくらいキツくなってきます。

前半部分では、山岡が香奈ちゃんに告白して、付き合い始めてから初めてのエッチまでがメインです。
この頃の香奈ちゃんは毎日がとっても楽しそうで輝いています。
もともと香奈ちゃんはみんなと一緒に騒ぐタイプではなく、どちらかというと図書館とかが大好きそうな子です。

しかし、香奈ちゃんも女の子であり、付き合っている彼氏のために少しでも可愛くなりたいと頑張り始めます。
こういう思考回路そのものが初々しくて可愛いです。
ちょっと応援してあげたくなりますね。

山岡も一応それに応えていますが、足りないっ全然足りないっ!!!
もっと香奈ちゃんの努力に報いろっ!!と渇を入れたくなります。
そのくらい山岡はニブいです。
まあ、初めて付き合ったときなんてそんなもんだと言ってしまえばそれまでですが、このニブさはちょっといただけません。
何しろ、初めてのデートが手をつないだだけなんて、お子ちゃまにもほどがあります。

まあ、香奈ちゃんは山岡が鈍いなりに応えてくれているのが嬉しいみたいで、彼女もそれで満足しています。
(優しい彼女でよかったな、、、山岡)

こんな感じで進む前半ですが、まとめるとゆる~い恋愛劇です。
ただ、ゆるかったのはここまで。
ここから一気に話が加速します。

後半に入って出現した藤池。
実は香奈ちゃんや山岡と同じクラスメイトです。
ただ、香奈ちゃんや山岡とは住む世界が違い過ぎて、同じクラスでも接点はほとんどゼロ。
藤池自身も香奈ちゃんの名前すら憶えていなかった程度です。

そんな藤池が何故いきなり香奈ちゃんに牙をむいたのでしょうか?
それはズバリ、香奈ちゃんが可愛くなったから。
あまりに単純すぎる理由ですが、藤池には十分すぎる理由だったようです。

藤池の目的は香奈ちゃんをオトすこと。
もちろん手段なんて問いません。
手っ取り早く香奈ちゃんをオトす方法を考えていた藤岡ですが、香奈ちゃんの方からボロを出してしまいます。
藤池のような小賢しいやつはこう言う事には敏感です。
早速、香奈ちゃんのミスを逆手にとって脅し始めます。

脅す内容はあまりに幼稚なのですが、香奈ちゃんにとって致命的だったのは、藤池の脅しを突っぱねると山岡に迷惑がかかるかもしれないという点でした。

山岡一筋の香奈ちゃんにとって、これは致命的です。
こうして香奈ちゃんは藤池の手の内に墜ちてしまいます。
この後は、タイトル通り夏のオトシゴにされてしまいます。

ちなみに、香奈ちゃんが酷い目に遭っているとき、山岡はというといつもの鈍さを発揮して事態に気づかず。。
救いようがないですね。
もし山岡が香奈ちゃんのピンチに気付いていたらもうちょっと結果は変わったかもしれません。
喧嘩で山岡が勝てるなんて思いませんが、少なくとも騒ぎになって誰かが気付く可能性が大です。
そうすれば、藤池の目的は達成できず、山岡の勝利になります。
しかし実際は山岡は、香奈ちゃんに全く連絡がつかないにもかかわらず「もうちょっと待ってみよう」なんてボケたことを言っています。

さすがに香奈ちゃんが大変なことになっているなんて気がつかなくても、連絡を入れるくらいしておけば、未来も変わったかもしれません。
少なくとも、香奈ちゃんが藤池にやられっぱなしになることはなかったでしょう。
香奈ちゃんも可哀想ですが、アホな山岡にも腹が立ってしまいます。

結構えぐい内容の「夏のオトシゴ」ですが、実は最初に読んだときは「夏のオシゴト」かと思っていました。
だってタイトルに似てるんだもの・・・
間違えないようにしてくださいね。

— 2016年10月6日